「謎解き」と「宝探し」に違いはあるの?

こんにちは、Riddleです。

よく質問される内容です。今はやっているゲームを検索すると「謎解き」と「宝探し」と2つ出てくることがあります。

「宝探し」には「謎解きの要素」はないのか?それぞれの違いについてまとめていきます。






結論:大きくは違いはない!


結論から言います。厳密に言えば異なる2つのイベントですが、その違いはほとんど「ない」と考えていただいてOKです。

ですので、「謎解き制作会社」に「宝探し」をやりたい!と言えば対応してくれる会社ばかりだと思います。








「謎解き」の中に「宝探し」があるイメージ。

「謎解きイベント」という大きな枠の中に「宝探し」というジャンルがある、と考えていただくと分かりやすいでしょう。

今の世の中にある「宝探しイベント」はほとんどが「ナゾトキ」をしながらの形式ということです。






「謎解き」のストーリーが「宝探し」であることがほとんど。

Riddleでもご提案することが多いのですが、ストーリーとしては「あるキャラクターと一緒に宝を探しにいく」というものです。ですが、宝を見つけるための地図の解読や行き先は「謎」になっていることが多いのです。




「謎」を解くことで「宝を見つける」ゲーム。

つまり、「宝探し」はあくまでストーリーであって、イベントのジャンルとしては「謎解き」に分類されるということなのです。

だからこそ、あまりこの2つに明確な違いを求めたり、制作会社を選ぶ必要もないのです。






以前は、「宝探し」は探索するゲーム。


もちろん以前は「探索」がメインのゲームでした。ですが、いろいろなイベントが増えてきて、「体験」が重要視されるようになりました。

その流れで、「謎解き」と「宝探し」がくっついたのです。






ある場所に行って「宝箱」を見つけるなら、スタンプラリーと同じ!?

結局探すだけなら「スタンプラリー」や「ウォークラリー」と変わらないですからね。行き先に「宝箱」があるのかどうか、だけですからね。






「宝探し×謎解き」をご提案するのはどんな時!?


もちろんRiddleでも「謎解き×宝探し」イベントのご提案は可能です。どんなターゲットなのか、目的はなんなのかでご提案するストーリーや設定は変わります。





小学生やファミリー向けの企画ではご提案する機会が多いです。

やはり、「子ども」に楽しんでもらうための企画、ということであれば「宝探し」は大きなフックとなります。

もちろん、「宝探し」の中でも特徴をつけてより面白そうな企画も作ることができます。






「子ども」には「宝探し」はキャッチーで刺さりやすい。

「子ども」をターゲットに組み込むのであれば、ぱっと見の印象で「楽しそう!」と思ってもらう必要があります。


最初の印象に「宝探し」は、

・どんなイベントなのかわかりやすい

・純粋に楽しそう

と思ってもらえる傾向にあります。






子ども向けの謎解きなら「宝探し」をご検討ください!

もちろん、

・「謎解きの要素」をどれくらいにするのか

・宝箱を用意し「宝探し」感をより打ち出す

・同じ宝探しでもストーリーで差をつける

ことは可能です。


「宝探し」って企画するのが楽な分、差別化するのも難しいところもありますからね。

まずは「宝探しイベント」に興味がある、とお問合せください。


どんなイベントがベストなのかを一緒に相談していきましょう。



閲覧数:23回0件のコメント