ジョジョの奇妙な館からの脱出に参加してきた件

こんばんは、はしもとです。



少々、古いイベントですが

ジョジョのイベントに参加したレポートを綴ってまいります。




まずは、イベントの詳細!こんな感じです。



宿敵DIOを倒すため、エジプトへと向かう承太郎一行。 旅の途中に訪れたホテルの部屋に、謎の声が響く。 「お客様、死ぬまでの最後の1時間......どうお過ごしになるか決まりましたかな?」 身構える承太郎たちに謎の声は続ける。 「1時間以内にホテルを脱出できなかった方は......跡形もなく消滅していただきますッ!」 「DIOの手下か!? 姿を現しやがれッ!」 突然、部屋の壁がうごめきだし、館はあっという間に複雑怪奇な迷宮へと姿を変えた。 壁を破壊しようとするがヒビひとつ入らない。 「やれやれ......。こいつは厄介だな」 「ぼくたちは完全に閉じ込められたってワケか......」 「きっかり1時間後。チェックアウトしていただきます。......この世からなッ! フハハハハ!」 声は壁に吸い込まれて消えた。 「攻撃を一切受けつけないスタンドか......。となれば、ワシらが取る策はひとつじゃな」 「1時間以内に敵本体の居場所を突き止め、叩く......ですね?」 閉じ込められた5人と1匹。消滅するまで1時間。はたして敵の能力の謎を解き明かし、迷宮から脱出することができるのか!?


ちなみに、ジョジョってご存知ですか・・・?





調べてみるとこんな感じです! By ウィキペディア





少々、長いので飛ばす方は飛ばしてください・・・。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


集英社少年向け漫画雑誌週刊少年ジャンプ』に1986年から2004年まで、集英社の青年向け漫画雑誌『ウルトラジャンプ』に2005年からと長期にわたって連載されている。シリーズの単行本は100巻を越え、累計発行部数は2016年12月時点で1億部超[1]2006年文化庁による文化庁メディア芸術祭10周年記念アンケート企画、「日本のメディア芸術100選」にてマンガ部門で2位に選ばれた[2]

作品全体のテーマは「人間讃歌[注 1]。仲間たちとの絆・強敵との死闘など少年漫画の基本を押さえながらも、個性的な表現方法とホラーサスペンス的な不気味さで独自の世界観を築き上げており、その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている[4][5]。少年誌にして「大人向け」といえる作風であり、荒木自身も「子ども向けに描いてはいない」と発言している。

メディア展開はおおむね各部ごとに行われており、アニメ化やゲーム化、小説化、映画化などが行われている。

外伝作品も複数発表されており、Part4のサブキャラクターを主人公に据えた『デッドマンズQ』『岸辺露伴は動かない』の2本は短編集『死刑執行中脱獄進行中』に収録されている。『岸辺露伴は動かない』はシリーズ化し、『週刊少年ジャンプ』『ウルトラジャンプ』以外の雑誌でも発表され、まとめられて単行本になっているほか、『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』『岸辺露伴 グッチへ行く』などにも派生している。

そのほか、番外編『オインゴとボインゴ兄弟 大冒険』(文庫本・全1巻)もある。これはPart3の作中作であるボインゴの漫画自体を独立させ、岸辺露伴の解説をつけるなど実物の漫画作品としたものであり、Part3の文庫に合わせて刊行されたが、その後は絶版になっている。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


はい、長いですね。笑



要は週間少年ジャンプで連載されていた(今も続いています)

人気漫画です!

ジャンルで言うとアクションですかね?

男の子に人気なイメージです。



簡単に言うと、

スタンドと言う超能力で闘い敵を倒すストーリーです。はい笑



ちなみに、

はしもとはむちゃむちゃ大好きな漫画です。

が、実はこの謎解きイベントがきっかけだったんです!




このリアル脱出ゲームに参加するために、

一から読み倒しました。(@名古屋の漫画喫茶)




ということで長々、説明してきましたが、

これ以上話すとよりコアな話をし出してしまうので本題に!!




まずは、感想はこんな感じでした!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

総合点  :80点

ストーリー:★★★★☆

問題量  :★★☆☆☆

ギミック :★★★★★

難易度  :★☆☆☆☆

おどろき :★★★☆☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※はしもとの個人的主観です。


クリアしました!!!!!

これは久々にスッキリ、完全クリアしたイベントでした!!!



点数は、ジョジョファンで20点ぐらい加算されてる気もしますが・・・



ただ、

・とにかくコラボならではの感じ

・漫画のストーリーに合わせた様々な問題とギミック

が素晴らしかったです!!!



ちなみに、一人で参加してきました。

他には3人組の女性、2人組の女性の計6名でチャレンジ。




ご一緒した方々は

全員クラスタでジョジョも大好き、という・・・。

やはり平日の午前中に参加するとこんな感じになりますね笑




そして、残念なことに

中盤の謎解きは他のメンバーがスムーズに進めすぎたので

ほとんどノータッチでした泣

一応、一番最後のオチには気づけたのでそこだけは活躍でしたね。。。。




あとは、オープニングでみんなで

ジョジョ立ちの練習をしたり、各キャラクターのセリフを一緒に言ったり・・・・。





楽しかったですね〜〜〜〜〜笑

その一言につきます。




リバイバルがあればぜひ参加してみてください!!!




イベントSpoonの謎解きや街コンも

こんな風により物語にのめり込んだり、役になりきれるものにしないとな〜と。

色々と勉強にもなったものです。





現在、謎解き街コンが2件ありますが、

お申込みができるまでもう少しだけお時間をください!!!

すみません。



それまでは少し先になるかもしれませんが

イベントでお会いしましょう!



0回の閲覧

​ナゾトキRiddle

代表:はしもとたかゆき

  • White Twitter Icon

Tel: 080-4334-1615

info@spoon.net.in

CopyRights © 2020 Nazotoki Riddle

All Rights Reserved

リドル_ロゴデータ.png
Spoon_ロゴデータ.png
リドル_ロゴデータ.png