兵庫県K様「結婚式×謎解きイベント」を企画制作いたしました。

こんにちは、Riddleです。

「結婚式」での謎解きイベントを企画制作することも非常に多いです。本日は、「オリジナル×結婚式×謎解き」イベントの事例をご紹介いたします。


新郎新婦様が参列者様を盛り上げるためにご相談をいただいたケースです。お二人の想いをヒアリングしながら企画制作いたしました。





企画の経緯とは?

新郎新婦が、

・「参列者様」をもっと盛り上げるための企画がしたい

・自分たちのことをもっと知ってもらえる企画がしたい

という想いから「謎解き」に興味を持ち、ご相談をいただきました。お二人とも「謎解き」もお好きということで、スムーズに話を進めることもできました。





どんなイベントなのか。

結婚式や二次会で「謎解き」を仕掛ける方は非常に増えてきました。今回のケースの特徴をご紹介いたします。


1 | 「ドラクエ」の世界観を取り入れた謎解き

もともと、結婚式の装飾もドラクエをテーマに制作されていたようで、そんな会場で「謎解き」を行いたいという想いを伺いました。

「ドラクエ」には馴染みがなかったのですが、ご満足いただける「物語」「世界観」を制作することができました。




2 | 参列者も物語に入り込みやすい世界観

ですが、参列者が全員「謎解き」好きとは限りません。全員が楽しめる企画にするためにも「シンプルでわかりやすい」でも「謎はちょっと頑張らないと解けない」内容にいたしました。

せっかく企画をしても、「自己満」になってはいけませんからね。




3 | 新郎新婦の情報を盛り込んだ謎解き

「結婚式」の謎解き意識するのが「新郎新婦を知っていただく」ことです。例えば、「お二人の馴れ初め」「趣味」などを使わないと謎が解けない設計にすることで、どなたでも楽しめる内容になりました。





Riddleがお手伝いしたことは?

部分的に担当した案件です。


・企画立案

・謎の制作


もちろん、当日会場にて「司会進行」などの運営も実施可能です。今回は問題制作のみでしたが、ご予算や会場などご希望に合わせて自由にパッケージを制作することが可能です。





なんで「結婚式で謎解き」なの?

「結婚式」で「謎解き」を仕掛ける方が非常に増えてきています。その理由はいくつかあります。


1 | テーブルメンバーみんなで楽しんでほしい

テーブルによっては初めましての方ばかりになることもありますよね。楽しめない、馴染めない人を減らしたいという想いで企画をする新郎新婦も多いです。

「謎解き」はテーブルメンバーでコミュニケーションをとる必要がありますからね。結婚式というシーンにはピッタリということなんです。




2 | 「体験型」の企画をしたい

参列者にとっては「見るだけで終わっちゃう」場合もあります。「ただの見せ物」の披露宴にしたくない、参列者の皆さんにも積極的に参加して「みんなで作る披露宴にしたい」という想いを持つ方が多いです。



3 | 自分たちを知ってほしい企画

新郎新婦のオリジナル動画を流す方も多いですよね。ですが、それ以上に自分たちをアピールする企画って難しいですよね。動画を何本も上げるわけにはいきませんし。だからこそ、「謎解き企画」に自分たちの情報を盛り込む方も多いのです。





結果、涙する参列者もいたようです。

楽しめない方がいるかな、と不安もあったようですが結果的には全員が笑顔で楽しい企画になったようです。中には、ゲームをクリアして物語のエンディングで涙する方もいたようです。






「結婚式×謎解き」企画ならRiddleへ。

個人でのご発注で「結婚式」の謎解き制作を受けることも非常に増えてきました。Riddleが特に重要視しているのは「新郎新婦の想い」です。


正直、「謎解き」がベストじゃないと思ったら、オススメしないこともあるぐらいです。それぐらい「結婚式」って大事なイベントですもんね。だからこそ、「謎解き」を仕掛けるなら「一生の思い出になる謎解き」を徹底的に突き詰めます。


最初のヒアリングは少しだけお時間をいただくかもしれません。もしお付き合いいただけるなら、最高の「謎」を制作いたします。



一緒に素敵な時間を作っていきましょう。「結婚式」に「謎」を仕掛けたい方は是非Riddleまでご相談ください。

閲覧数:9回0件のコメント