桑名市立大成小学校での謎解きイベントの企画制作いたしました。


学校向けの謎解きイベントが続きますが、本日は先月に開催された小学校での謎解きイベントの事例をご紹介いたします。









企画の経緯とは?




今回、初めてご相談をいただいたクライアント様でした。

小学校内で大規模なイベントを開催するにあたって、謎解きイベントも開催したいということでご相談をいただきました。

最初は予算上難しいと思われましたが、どうしても子供たちに謎解きイベントを開催したいという強い想いを受け、実現に至りました。



どんな企画なのか。



いわゆる「脱出ゲーム」の企画です。全校生徒が一斉にナゾトキにチャレンジをし、クリアを目指していく企画です。教室内だけでなくいくつかのスポットを使いながら、より「体験」をできる企画にいたしました。





1年生から6年生まで楽しめる企画を。


希望者のみではなく、生徒全員が一斉に参加するということで初めての試みでもありました。学年ごとに難易度を変えて、謎解きに興味がない子でも楽しめることを前提に設計いたしました。





Riddleがお手伝いしたことは?



今回は、全体の企画から始まり、各種印刷物の対応まで行いました。当日の開催のみは、保護者様と先生方が対応ということで当日までのご対応がメインでした。




結果は「参加者」も「学校側」も大満足のイベントに。


参加した生徒たちが「楽しかった!」「またやりたい!」という声が多かったようです。その声を受けて、学校側も本当に良かったと嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

開催当日に立ち会えなかったので不安もありましたが、そのお声をいただけた瞬間が本当に嬉しかったですねぇ・・・。




小学校向けの謎ならRiddleへ。


小学校向けの謎解きイベントも非常に増えてきました。Zoomを使ったオンラインイベント、学校を会場にしたリアルイベント、商業施設や町で行う周遊型のイベント等様々な実績があります。

次の事例紹介も小学校の事例になりそうですので、お楽しみにしていてください。

閲覧数:32回0件のコメント