D社様 「社員向けオンライン謎解きイベント」を企画制作いたしました。

こんにちは、Riddleです。

コロナの影響もあり「オンライン謎解き」のご相談も増えています。今回は、「社員向け」の「オンライン謎解き」イベントの制作事例をご紹介いたします。


「社員向け」の謎解きイベントの事例です。




企画の経緯とは?

今回、初めての企業様からのご相談となりました。コロナ対策で働き方が完全リモートに切り替わったようで、社員同士のコミュニケーションの機会を作れないか悩んでいたそうです。

担当者の方は「謎解き」経験がなかったですが、「謎解き」を通してのコミュニケーション形成に前向きだったためお手伝いさせていただきました。





どんなイベントなのか。

オンラインでの謎解きイベントもいくつか設計パターンがあります。今回は比較的オーソドックスなやり方での企画となりました。


1 | Zoomを使用したオンライン謎解き

「オンライン謎解き」ではZoomを使用することが非常に多いです。今回は100名規模でのイベントでしたが、円滑に開催できたようです。


2 | グループごとにクリアを目指す形式

Zoomの部屋割りで4〜5名ほどのメンバーでクリアを目指す形式になりました。普段コミュニケーションを取らないメンバー同士を組ませることで、新しいコミュニケーションが生まれたようです。


3 | 1人では解けない。だからコミュニケーションが生まれる。

1名1名異なる問題データを配布いたします。1名1名に別々のファイルを送信しておき、ゲームスタートと同時にファイルを開きデータを確認します。手元の問題を画面で共有できないなどの制約を設けることで、コミュニケーションを工夫する必要が出てきます。

結果として、新しいコミュニケーションがどんどん生まれる企画となりました。


4 | その会社で起きた事件をテーマに物語が進んでいく。

フィクションですが、その会社でのオリジナルの内容になりました。より自分ごと化して本気で楽しめるためには、「オリジナリティ」は重要となってきます。




Riddleがお手伝いしたことは?

部分的に担当した案件です。


・企画立案

・謎の制作


「オンライン謎解き」イベントでは、実際にRiddleが運営を行うこともありますが、今回は部分的なお手伝いとなりました。

問題をデータで納品後、ご発注企業様が当日の運営をされました。

運営マニュアルやヒントの出し方などもお送りしたこともあり、大成功だったようです。





結果、社員同士の新しいコミュニケーションが増えました。

普段話さない人と話すことができた、役割分担や効率的に進める方法など仕事にも通じる部分がある、上司と同じ目線で目標を目指せたのはよかった。


などなど参加された社員さんからは好評だったようです。定期的に実施する話も上がっております。




「オンライン謎解き」ならRiddleへ。

「謎解き」はリアルだからこそ良さが発揮されるコンテンツです。それは間違いありません。

ですが、「オンライン」という限られた状況下だからこそ利用できることもあります。


例えば、情報共有をしないといけないが、口頭でしか伝えられない、逆に喋らずに伝えないといけない謎、などの設計も可能です。

すると、コミュニケーションの難しさを知るとともに、工夫する必要を感じます。


クリアという共通の目的達成のために、チームで協力して目の前の課題と向き合う。


これは仕事にも通じる部分があるんじゃないでしょうか。おかげさまで「オンライン謎解き」をお手伝いする機会も増えてきましたので、ぜひお困りな方はご相談くださいませ。

閲覧数:1回0件のコメント