H社様 「社員向けオンライン謎解きイベント」を企画制作いたしました。

こんにちは、Riddleです。

最近増えてきている「オンライン謎解き」の制作事例をご紹介いたします。


「リモート」が中心になって、コミュニケーションが減ったと感じている企業様からご相談をいただくことが多いです。



企画の経緯とは?

今回、初めてのクライアント様からのご相談でした。特に、部署異動や新人が増えてきている中で、直接コミュニケーションが取れない状況で「何かしたい」と感じている人事部の方の悩みがありました。

そこで、「オンライン謎解き企画」であれば、いつもと違った角度でコミュニケーションを作れるのでは?とご相談をいただきました。





どんなイベントなのか。

「オンライン」ならではの「イベント」になりました。


1 | チームは普段話す機会のないメンバーで。



2 | コミュニケーションの工夫が必要な謎。



3 | その企業ならではの物語。






Riddleがお手伝いしたことは?

部分的に担当した案件です。


・企画立案

・謎の制作

・当日の運営


謎の制作から当日の運営までワンストップに行った事例です。ご発注をいただいた人事部の方も当日は参加者として楽しんでいただきました。

参加者のグルーピングや、参加者を取りまとめる、など行っていただければRiddleで全て完結させることが可能です。




結果、社員同士の新しいコミュニケーションが増えました。

参加された社員の方々からは大好評だったようです。

「謎解き」はゲームですが、「遊び」ではありません。「役割分担」「情報共有」「ゴールから逆算しての行動」「効率を考えた行動」などなど、実際の仕事にも通じる力が必要です。


だからこそ「企業でのコミュニケーション問題」に「謎解き」を使用される方が多いのでしょう。




「オンライン謎解き」ならRiddleへ。

最近は「オンライン」でのご相談も非常に増えました。だからこそ、「オンライン」ならではの企画を行うことができるようになりました。


「コミュニケーション」にこだわっているからこそ「課題解決」のために一緒に企画ができると思っています。

「賑やかし」や「レクレーション」ではない「謎解き」をお考えであればRiddleまでご相談ください。


一緒に「課題解決」のための企画を作っていきましょう。

閲覧数:10回0件のコメント