top of page

N社様 | ファミリー向け回遊型謎解きイベントを企画提案しました。



あまり更新頻度を上げられないのですが、ご相談いただく案件も増えてきました。もともとは「大人向けの謎解き」が得意なRiddleですが、最近はファミリー向けの謎解きも増えてきました。






企画の経緯とは?




今回、初めてご相談いたクライアント様のご相談でした。


2週間で問題を作ってくれないか、というご相談でした。短期間のケースでしたが、なんとか楽しい企画が作れました。


Riddleでは短納期・低価格のご相談が新規でもどんどんいただいております。そうしたご案件の一例としてご紹介いたします。




どんな企画なのか。



広めの会場に様々な企業がブースを出展する「展示会」のようなイベントに仕掛けたいというお話でした。

出展する企業の1社が、より自身のブースに興味を持って欲しいとのことで「ナゾトキ」を仕掛けました。





信号や改札など、その企業が扱っている商品をちりばめた謎。


今回、テーマ性は比較的明確でした。自社で扱っている商品を謎にちりばめたいとのことでした。

「出てくる答え」、「問題のデザイン」をそれらにしながら制作いたしました。


制作を開始する前に、まずはその企業の特徴や理念、商品をしっかりと勉強する必要があります。

(これは案件に関わらずしっかりと下調べを行ってご提案しております)





Riddleがお手伝いしたことは?



問題制作が中心でした。

2週間という短い納期でしたので「印刷」や「当日の運営」は難しいということで、問題のデータ納品で完結しました。




シンプルだけどひねりのある謎解きを。


問題の内容は、「問題冊子1部」と「いろいろな場所に掲出するパネル数種類」の制作でした。ファミリー向けの謎解きってシンプルで簡単なものになりがちですが、最後の最後には楽しい仕掛けを取り入れています。


どれだけ短期間でも内容はしっかりとしたものをご提案いたします。


「ファミリー向け」謎解きならRiddleへ。


ファミリー向けの謎解き企画も実績十分なレベルになりました。商業施設で無料で実施する形式のイベントが多いです。


また、ファミリー向けのご案件なら「短納期」「低価格」でのご相談も乗りやすかったりするので、まずはお気軽にお問合せください。


多くの企業様が別の謎解き会社に問合せて、「予算が合わない」「思っていた以上に高い」という思いを持って、Riddleに行き着く方も非常に多いのです。



まずは一緒に何ができるのか、から相談していきましょう。

閲覧数:42回0件のコメント
bottom of page